みんなにやさしい自転車環境 その2

続きです。

前回、パブリックコメントにおいて、

・自転車は「車両」であり、車道を通行させることが原則だと宣言しながらも、自転車歩行者道が使われる余地が残してあったり、具体例において自転車歩行者道に誘導するケースが記載されていたこと。

・自転車道について相互通行することを前提としていたこと。

・自転車道および自転車専用通行帯(自転車レーン)の幅員について、具体的な言及がないこと。

以上の問題点と、地球ロック可能施設とか盗難対策も盛り込んで!と、意見を述べたというところまで書きました。

その結果どうなったかというと・・・

・自転車歩行者道は、自転車道を整備するつもりの道で、自転車道が整備できるまでの一時的な措置としてのみ使ってよいというということになりました。また、自転車レーンを整備するつもりの道で自転車レーンが整備できるまでの間は、車道の左端にラインを引いた上で車と混在させるということになりました。具体例については削除こそされませんでしたが、同様のケースにて自転車レーンと車道の走行をさせる例が新たに提示されました。あきらかにこちらのほうが合理的で、こちらを優先してくれとも取れます。

・自転車道の相互通行については、交差点で自転車歩行者に退避させるという例は削除されました。また自転車レーンを使う例が示されました。やはりこれも自転車レーンのほうが合理的です。

・幅員については、残念ながら具体的な言及はなされませんでした orz

・盗難対策もダメでした orz

さらに今後の検討課題として、

・道路構造令(全国津々浦々の道路を造る、または改修する時の基準)において、自転車レーンを採用する(!)ことを検討する

・自転車道については、原則一方通行とすることを検討する

ことが記載されました。

どうもこの提言がまとめられるまでの過程として、行政当局は最初は自転車道(しかも相互通行の!)が基本で、場合により自転車歩行者道を走行させるつもりだったが、あまりに無理がありすぎて検討委員に指摘をくらいまくり、自転車レーンと車道を基本とする方向に傾いていったのではないか、と読み取れるところがあります。最終的に、自転車レーンの道路構造令での採用や自転車道の一方通行化まで言及できたところは、検討委員やパブコメに参加した人マジグッジョブ(手前味噌ですがw)といえるのではないかと思います。

あ、もちろん私が意見を述べたから提言が改善されたのだ、なんて言うつもりはありませんよw ただ私が述べたようなことはある程度以上自転車に乗っているシリアスサイクリストな皆様方にとっては広く共有できるものではないでしょうか。きっと私のような意見を持つ人がそれなりにたくさんいて、それが行政を動かす力を少しは持つ事が出来たんじゃないか。それって結構すごくね?と思うわけです。

というわけで、全体的になかなか良い提言に仕上がったのではないかというのが私の感想です。あとは心配なのは幅員のみ!あともうちょっと路駐対策を強化(スマホによる通報とかw)して逆走をばっちり取り締まってくれれば!

また、この提言が着実に履行されているかしっかり見ていくというのも、私たちの役目だと思います。というかせっかく提言がまとめられたのだからみんなもうちょっと盛り上がってほしいであります!ここでこの提言すばらしい!あとこれもこれも!っていう話をたくさんすることで提言への注目度も高まり、ひいては自転車環境がよりよくなることにつながるはずなのであります!提言を読んで感想を述べてくだされ〜!

ランキングに参加してます。クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

みんなにやさしい自転車環境

昨今、利便性や環境性能の良さから、自転車がこれまでにないほど注目されている印象を受けますが、交通ルールやインフラについて従来の施策から大幅に転換することを目指した提言が公表されました。
みんなにやさしい自転車環境 提言のポイント
みんなにやさしい自転車環境 全文

わたくしこの提言に大変注目しておりまして、公表の一ヶ月ほど前にパブリックコメントの募集がされていたときも、意見を述べさせていただきました。

私の考えでは、パブリックコメント募集前の提言には大きな問題が三つありました。一つめは自転車は「車両」であり、車道を通行させることが原則だと宣言しながらも、自転車歩行者道が使われる余地が残してあったり、具体例において自転車歩行者道に誘導するケースが記載されていたこと。

自転車の事故は歩道から車道に出るとき、またはその逆のときに多く発生しているのですから、これではかえって事故が増えてしまいます。また自転車と歩行者の事故を防ぐという当初の目的とも合致しません。自転車を降りて歩けという場面も記載されています。

二つめは自転車道について相互通行することを前提としていたこと。現在の道路状況において相互通行の自転車道を車道の両端に作ることはあまりに非現実的で、無理に作ろうとすると幅員が足りず自転車同士の事故の原因になります。また、自動車と逆方向に自転車が進むことになります(しかも車に近い側で)から、交差点において大変危険です。

これについて、交差点では車道と逆に進む自転車は自転車歩行者道に退避することとされていました。車に近い側から自転車歩行者道に退避するするわけですから、自転車同士の交錯が発生することになり、危険です。

三つめは自転車道および自転車専用通行帯(自転車レーン)の幅員について、歩道と車道お互いのバランスをとって決めてね、という文言があるのみで、具体的な言及がないことでした。自転車は自動車と違い、乗る人によって速度が全く変わる乗り物です。せめて最低限確保すべき幅を決めないと、作ったはいいが狭すぎて逆に危険ということになってしまいます。

この三点と、自転車の盗難対策(有人駐輪場の増設や地球ロックできる駐輪施設の敷設)について、パブリックコメントで意見を述べさせていただきました。その結果どうなったかというと・・・長くなったので次回。

ランキングに参加してます。クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

自転車通勤

雨の日を除いて、毎日10km弱、自転車通勤をしています。最近は暖かくなってまさにシーズン到来ですね。

もともと自転車を始めたきっかけも、自転車通勤をするためでした。30歳を過ぎて際限なく増える体重に食事制限なしで対抗する(妻のごはんが旨いのでw)にはどうすればと考えまして。

最初はしんどく感じた道も、今やあっという間。もうちょっと長ければいいのにと思います。早起きして遠回り通勤をしようかと画策してみたり。

ん?体重ですか?ぶっちゃけ自転車通勤だけでは太りこそしなくなりましたが痩せませんでしたねwその分食べてしまうのでwちょっとした筋トレなどの工夫を取り入れて現時点マイナス6kgまで来ました。目標はマイナス10kg!

季節の香りを感じつつ、
頑張りますよぉ〜

ランキングに参加してます。クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

チェントストラーダ

私が乗っているロードバイクについて書きます。現在の私の愛機は、ビアンキの100strade(チェントストラーダ)です。百の路という意味らしいです。ブログのタイトル写真にもなっていますが、これは買ったばかりのときに撮ったもので、今はこんなんなってます。

20120413-215551.jpg

改造も楽しいですよね、ロードバイクってw

気に入ったパーツを選んで、自分でインストールして、走ってその性能を感じる。ガンプラから自作PCを経由して自転車に至り、一番充実してるかも?
パーツのレビュー、評価、苦闘の記録w はおいおいで書いて行きます。

ランキングに参加してます。クリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村