105電動化の噂からシマノの描く未来を妄想

Bikebindさんのページに、105の新モデルのリーク情報が出ていた。

4アームクランクに11速は当然として、電動モデルが来るのでは、とのこと。

105にディスクブレーキがある

シマノの油圧ディスクは電動じゃないと引けない

105に電動モデルが出るか!?

という推測。筋の通った推測であると思う。

仮に105に電動モデルがラインナップされるとして5年後、10年後を妄想するに、シマノは今のように各グレードに機械式と電動の両方を用意するのはやめて、105以上は電動一本に絞るんじゃないかと思っていたりする。

すでにヨーロッパのプロトンでシマノを採用しているチームは一部のノスタルジーを大事にする選手を除いて電動変速を使っている。変速のラクさと確実さで確かな優位性があるためだ。また対応フレームがどんどん増えてきているディスクブレーキにも、シマノは新型アルテグラの電動モデルから対応してきた。デュラエースグレードが出るのも時間の問題だろう。

さらにディスクブレーキホイールはキャリパーブレーキのホイールよりトータルでは重くなるが、リムにキャリパーブレーキのための耐熱設計を施す必要がなくなるためリム重量が軽くなる。外周部重量が軽くなったほうが走りには効くはずだ。

プロトンにディスクブレーキが浸透するのは、シマノがデュラエースグレードのディスクブレーキと専用設計のホイールを出してきたときなんじゃないかと思う。するとプロトンのロードバイクのほぼ半数がディスクブレーキになる。もともと雨天での優位性があるので、そうなればあとは流れだ。

で、このあたりで機械式変速に研究開発費を割く理由がなくなってくるので、機械式はワンモデルにして各グレードと互換性を持たせる程度の扱いになるんじゃないかなあ。クロモリバイクとかに使ってくださいね、みたいな。

今乗っているOltreXR2も5年以上経てばリプレースの時期がやってくる。その頃には当たり前のように電動を選択するのだろうなあ。

ところで、なんで115じゃないんだろ?

ロードバイク 人気ブログ読むならこちら

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村

ランキングに参加してます。最後まで読んで頂けたのなら、ついでにクリックいただけると励みになります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中